副業介護士

保護犬と高齢者。動物保護団体が介護施設を運営したらどう?

投稿日:2017年2月7日 更新日:

人と暮らす犬

ペットと暮らせる老人ホームはまだまだ少ない。

老人ホームや高齢者向け住宅で動物を飼うことは、感染症の恐れがあるのを理由に認められないことが多いです。

しかし、元々ペットと暮らしてきた方にしたら、犬や猫と過ごすことによる感染症のリスクよりもセラピー効果のほうが間違いなく高いことを知っています。介護施設側は、それを知っていても問題が起きて欲しくないがために認めようとしません。

私が年老いたときに、また犬を飼っていたなら、その時は飼い犬と一緒に入居できる老人ホームに入りたい。

そんな老人ホームって、全国にどれくらいあるのだろうかと調べてみると、少しづつ増えてはいるようですが、まだまだ少ないです。

参考ペット可の老人ホーム|みんなの介護

 

施設入所者と犬の相性。

高齢者施設に転職しましたが、やっぱりずっと続けていた障害福祉で仕事がしたくて、良さそうな求人があったので面接を受けに行ってきました。

面接時にダメ元で「私の飼い犬がこの施設に出入りするなんてのはどうですか・・・?」と聞いてみたところ、

「ダメですね。」と即答されるかと思いきや、結構真剣に考えていただくことができました。さすが福祉施設。

結果として認められませんでしたが、「施設の外だったらいいかな」とか「入所者にアレルギーがあったらいけないし」とか、「でもここは生活の場だから(いることは悪いことじゃないし)ねぇ」とか。

福祉施設と犬との組み合わせの可能性に未来を感じられる面接でありました。

私自身がアニマルセラピストやドッグトレーナーの資格をとって本気でアピールすれば、イケそうな気がします。

要は、断る理由は介護施設が犬を飼うメリットがないから。

 

福祉事業と動物愛護団体。

福祉施設は、介護福祉士の資格を有する人を一定数配置すると加算があります(国からお金がもらえる)。同じように、アニマルセラピーの資格保有者を雇って福祉施設に加算があればいいですが、現状福祉施設が保護犬を受け入れても何もメリットはありません。

飼い犬と飼い主が入居する老人ホームではなく、行き場を無くした保護犬を受け入れる老人ホームは存在しないのでしょうか。

保護犬をセラピードッグのような入居者の癒す存在として受け入れるには躾が必要ですし簡単ではありません。

だとすれば、動物保護団体が福祉事業を始めればいいんじゃないでしょうか。動物保護団体が運営する犬好きな人のための福祉施設。

もしかしてと思って調べてみるとすでにありました。保護犬を受け入れる老人ホーム。

参考犬や猫と最期まで暮らせる老人ホーム、日本動物愛護協会が表彰/sippo

犬の世話は犬好きとって生き甲斐になりますから、こういう福祉施設が増えてほしいです。

 

介護ビジネスの可能性。

保護犬をただ受け入れるだけでは利益は生まれませんが、人の命は利益を生むビジネスになります。

介護ビジネスに動物保護を組み込む。経営困難で潰れていく福祉施設もありますが、行政を味方につけやすい動物保護団体が福祉事業を運営するのはどうでしょうか。

これからは多くの高齢者が健康寿命を意識した生活をするようになり、健康なお年寄りが増えていきます。そうなれば健康な高齢者を対象にしたサービスが必要になってくると思う。

介護士の需要はまだまだ衰えることはないと私はみています。きっとAIにもすぐには仕事を奪われないだろうし。

 

-副業介護士

Copyright© ワイライク介護 , 2019 All Rights Reserved.