カイゴのシゴト

映画レビュー【世界一キライなあなたに】嫌う事を言って愛されるのがプロ。

投稿日:2017年7月3日 更新日:

映画「世界一キライなあなたに」の感想を、介護士の視点からレビューしてみたいと思います。

「世界一キライなあなたに」ストーリー

舞台はイギリスの田舎町。ルイーザ・クラーク(エミリア・クラーク)は、お洒落をすることが大好きな26歳。

ある日、働いていたカフェが閉店することになったルーが新たに得た職は、バイクの事故で車椅子生活を余儀なくされ、生きる希望を失ってしまった超ハンサムな大富豪ウィル・トレイナー(サム・クラフリン)のお世話係をする期間6ヶ月の仕事だった。

最初はルーに冷たく当たるウィルだったがルーの明るさが、ウィルの頑な心を溶かしていき、やがて2人は恋に落ちていく。しかしある日ルーは知ってしまう。
ウィルが決めた「生きる時間」があとわずかだということを・・・。

出典:世界一キライなあなたに(アマゾンプライムビデオ)

 

介護士が優しいのは当然。優しさで動かなかった心を動かしたものは…

交通事故で車椅子生活となってしまい自暴自棄な態度をとるウィルに対して、介護人として雇われたルーが言います。

「仕事としてやっているの。」

「あなたと居たいからじゃない。」

「お金が必要だから。」

これらのセリフが誰にも心を開かなかったウィルの心を動かし、二人は距離を縮めていきます。

言葉だけをみるとなんでこんなセリフで心が動いたんだろうと思ってしまいますが、要は甘えたことを言うなとルーはウィルに言ったわけです。

「首から下は麻痺しているかもしれんが、頭はしっかりしてんだろうがてめえは。」

てなことを障害者に向かって言ったわけですよね。

そのセリフからわかるのは、彼女はウィルのことを障害者として見ているのではなく、一人の男性として見ているということ。

物語に必要なキャラ設定なのでしょうが、障害のある人を目の前にして、はじめからその人の障害を意識せずに接することはなかなかできないものです。

今までに雇われたウィルの介護士は、仕事としてやっているから優しかったし、お金のために我慢してくれていたのでしょう。

介護士として雇われればきっとこのような考えになるのが普通なんじゃないでしょうか。

けれどルーは、「お金をもらうのだから、あなたの為になることをする。あなたの言うことをだまって聞くだけではない。」ということを、あえて嫌われるような言葉を選んで言います。

これはもうプロの仕事。ウィルの心の奥底にあるニーズに確信していなければ言えないセリフです。

介護経験ゼロのルーが遠慮なく言いたいことを言いつつも良い関係を築くという、ベテラン介護士でもなかなかできないことをやってのけしまいます。

ルーにとってウィルの介護は、お金を得るための仕事でしかありませんでした。それが次第にウィルと過ごす時間は、彼が存在していなければ過ごせない、かけがえのない時間だと気づきはじめます。

そして物語の最後にはルーのほうがウィルから大きなものを得ます。

 

ディグニタスとバケットリスト。

最後に、この映画に登場したキーワードについて調べてみました。

ルーの明るい性格とラブストーリーに仕上がっていることで、気づきませんでしたが、キーワードの意味は結構重いものでした。

 

ディグニタス(DIGNITAS)

字幕では「スイスからの手紙」と訳されていた書類。映像ではその用紙に「DIGNITAS」と書かれていました。

調べてみると、スイスに実在する医師と看護師により安楽死を幇助する団体であることがわかりました。

 

バケットリスト(BUCKET LIST)

バケットリストとは、死ぬまでにやりたいことリスト。

バケットリストは、映画「最高の人生の見つけ方」や「死ぬまでにしたい10のこと」でも題材として取り上げられています。

 

 

-カイゴのシゴト

Copyright© ワイライク介護 , 2019 All Rights Reserved.