副業介護士

介護士を辞めたい人は別の事業所に転職してみることをおすすめします。

投稿日:2017年1月15日 更新日:

分岐点

一度は介護士を辞めて違う職業に就いた私でしたが、あとになって介護士のやりがいに気付き、また介護士として復職しました。

介護分野でも働き方は多様にあります。介護から離れてしまう前に、別の介護事業所への転職を考えてみてはいかがでしょうか。

私は転職して良かったと思っています。介護士という職業は同じでも、職場を変えることで違ってくることがたくさんあるのを知りました。

 

辞めて気づいた介護職への未練。

私自身のことについてなんですが、

もともとは、介護士になりたくて、介護士になったわけではありませんでした。正直、介護士になんてなりたくはありませんでした

十代の頃の私はカウンセラーになるのが夢でした。それで、臨床心理学を学べる大学をいくつか受験したのですが、結果は全敗。この時の推薦入試で出会った子がきっかけで、私はのちのち介護士になってしまいます。

ある大学の推薦入試で、私と一緒に集団面接を受けた男子は、福祉ボランティアをしていることをアピールしていました。「心理学の受験でどうして福祉をアピールするんだ。」隣に座っていた私の内心でした。そして合格発表の日、私の番号は無く、私のひとつ前の番号が載っていました。福祉ボランティアの彼は合格していました。そこから自然と心理学と福祉の関係に興味を持つようになっていました。

福祉ボランティアが何をするのかは知らなかったけれど、心理学とは違う分野という認識だけは強くもっていました。

そして私のほうは、滑り止めに受けていた大学しか合格できず、心理学とも福祉分野とも違う学部に入学することとなります。

それでも心理学を学びたいという気持ちは諦めきれず、大学の図書室へ心理学や哲学、倫理学、宗教などの本を借りに通う日々。その図書室には、河合隼雄氏の著書が多く置かれていたのを覚えています。

>>>Amazon Kindleストア で河合隼雄の本を見る。

わりと自分の心に響くのは、心理学より、哲学のほうでした。心理学は、人の心の動きには全て理由があって理論通りに心が動いているのを知る、感じでしょうか。心理学は統計学といいますよね。哲学は、想い方や考え方次第で感情はプラスにもマイナスにもなることを知るもの、そんな風に感じました。特に面白かったのがパラドックス(Wikipedia)。こういうのを考えるのが好きでしたね。世の中には考えても答えのでないことがあるのを知るのに良いです。

>>>Amazon Kindleストアでパラドックスの本を見る。

そんな感じで、心理学というものに興味をもったまま大学を卒業し、就職しなければならない時期がやってきた時に、思い出したのが推薦入試で出会った福祉ボランティアの彼。

福祉と心理の世界に共通するのものがあるのなら、福祉の世界を覗いてみたい。けれど、福祉といえば介護、介護といえば下の世話、くらいしか思い浮かびません。下の世話は絶対ムリでした。

福祉施設の事務員ならできるのはないかと考え面接を受けたのに、「介護やりませんか?」と言われて、これも運命と感じ「やります。」となぜか答えてしまう。気付いたら介護士になっていました。

 

13年間働いた介護現場を離れる

就職が決まり、身体障害者支援施設の施設入所の生活支援員として配属になりました。ここに配属になって良かったんだと思います。

食事、入浴、排泄などの日常生活に必要な介護を24時間交代勤務でおこないます。

身体障害と知的障害など障害が重複している重度障害者といわれる方も多かったのですが、家族に迷惑を掛けないためにと、自分の判断で入所しているわりとしっかりした方もいました。

たぶん普通に暮らしていたら出会えない人たちばかりです。

変な声を出し続けている人がいて動物園のような騒がしさがありました。非日常的すぎて、出勤してすぐにため息が出ることもありました。でも不思議と入所者を嫌になることはなかったです。

身体障害者支援施設の利用者さんは、自分のことを他人の手を借りずにできることに喜びを感じているようでした。半身麻痺でも着替えは自分でするし、できないことはできるよう頑張る姿を私は側でずっと見てきました。

そんな中で本当にできないことを手伝うのが介護士の仕事です。独りでできそうな事は、なるべく独りで出来るようにサポートをします。命令ではないですよ。

手足を全く動かせないような重度障害の方には、すべての介護を行います。初めの頃は重度障害の方の介護には抵抗があるだろうと思います。自分の意志で生きているのかどうかさえわからないし、なぜ自分が生かすことに協力しているのかさえわからなくなります。そういう気持ちは、働いてくると色々なことが見えるようになり、なくなっていきます。

手足は思うように動かせなくても、知的には問題のない方だとわかったり。四肢が麻痺していて手足が不自由で言葉もうまく発することができなくても、先天性の障害の方だと、明るい表情を見せてくれて、本人にすればその姿が普通なんだとわかったり。

前向きに生きる姿を見ていると、自分が抱える生きるうえでの障害みたいものに対して、励みになります。

生活支援員として勤め数年後、突然上司に呼び出され、「現相談員が退職するので、代わりが見つかるまでしてほしい。」と言われ、私は生活支援員から相談員へと仕事内容が変わりました。。市の委託業務で在宅の身体障害者の相談窓口となる仕事です。一年間務めて仕事がなんなのかがわかったくらいに、また異動になりました。この一年の経験は今となってもかなり大きいですが精神的に大変でした。

その上司は私がカウンセラーになりたいことを知っていたので、相談員という仕事を私に振ってくれたのだと思います。思っていた仕事内容とだいぶ違ったけど。

そして、また以前いた身体障がい者支援施設の生活支援員として戻ることになりました。

その年から、入所施設と生活介護の生活支援員と特定相談事業所の相談員を兼務することになりました。生活介護を利用される方は、自宅から通って来られるので、お客様としての扱いが強くなります。入所施設と生活介護を行き来するのですが、切り替えがとても難しかったです。

それから数年、ちょっとした役職をいただいて働いていたのですが、精神的にも肉体的にも疲れてしまい、退職しました。もう介護はやりたくないと思って介護士を辞めました。

 

嫌になって介護士を辞めたのに復帰してしまう

介護から離れて、一年間ゆっくり過ごしました。

その結果、また介護士として働いています。

というのも、離職中に仔犬を飼い始めました。うんちをとったり、ごはんをあげたり、お風呂に入れたり。その度に介護士として働いていた頃を思い出してしまい、未練があるのだと気づきました。

私は仕事として必要とされることをしていただけなのに、その行為に対していつも態度や言葉でお返しを頂いていました。

自分から積極的に人と関わろうとしない私にとってはとても貴重な時間だったのです。

 

しかし働きはじめると、いいことばかりではなかったことも思い出します。ここからはちょっと愚痴を・・・

ずっと働いていた障害者支援施設よりも仕事内容が比較的に楽だろうという思惑で高齢者のグループホーム(認知症対応型共同生活介護)で働かせてもらっているのですが、なんか違うんです。

プライドが高くて、気難しい人が多いこと。人生の先輩面する人に限って、行動がともなっていない、口だけの人が多いです。だからボケがすすむのだろうと思います。こんな人は障害者施設にはいませんでした。

生きるうえでの障壁というのは人それぞれ何かあるはずです。ですが、その生きる上での障壁に対する向き合い方で、人はこうも違ってくるのかと思い知らされます。

障害のある人は、自分のありのままを受け入れることにまっすぐ生きている人が多かったですが、人並の人生をそれなりに送ってきた高齢者は、自分がボケていることには気付きたくないのでしょう。自分とは向き合うことをせず、周りにいるボケ老人の行動を批判します。

転職をして、また新しく学んでいます。

 

事業所ごとに求められるコミュニケーションに違いがある。

私が働いたことがあるのは、身体障害者支援施設の入所施設、生活介護、知的障害者のグルーホーム(共同生活援助)、高齢者のグループホーム(認知症対応型共同生活介護)。相談員をしていた時には、訪問介護や訪問看護の事業所とも関わっていました。

入所施設の介護士として働く

人間力をアップさせたいなら入所施設をおすすめします。素の自分が試され、本来の自分はどういう人間なのかを知ることができます。

夜勤など少人数体制になったときにアクシデントが起こると、感情的になりやすくなるのですが、それが嫌でも人間力をアップさせてくれます。

仕事なんだから抑えればいいと思うかもしれませんが、その感情というのは入所施設では抑えられないものだと私は考えます。

問題行動は、やめてって言ってもやめてくれないし、助けてくれる職員もいないし。相手が変わってくれないなら自分の気持ちの持ちようを変えるほうが簡単かもと思ったり。

自分の感情と向き合って、負の感情をどのように表に出し、物事を解決していくか。人間性が問われます。消耗します。ですが、私は入所施設で介護士として働いていると人間らしい感情がわくので一番好きです。

 

通所や訪問サービスの介護士として働く

利用者との距離をちょっとおいて仕事したいなら、接客業により近くなるデイサービスやヘルパーとして働くのがおすすめ。

利用者が自宅から通うデイサービスは、楽しい時間を過ごすのを求めて来所されるので、テーマパークのキャストになったつもりで働かないといけないところがあって、テンション低めな私は苦手。

利用者の自宅を訪問するヘルパーは、制度上出来ること出来ないことがあるのですが、上手く伝えるのが難しそうでした。理解してもらえず家政婦のような扱いをされているヘルパーさんもいました。

各家庭をまわるので、同じ場所にずっと拘束されるのが苦手な人にはおすすめ。

 

自分に合った事業所が見つかれば介護士を続けられる。

介護と言っても様々で、家族的な雰囲気の中働く介護士や、接客業としてお固く働く介護士もいます。

施設が大きくなるほど、規則が厳しく、介護士は接客業と割り切って働かせる事業所が多いようです。その方が職場環境の秩序が乱されず運営しやすいから。

家庭的な雰囲気で上手くいっている介護施設があったとしたら、その施設はとても人材に恵まれているはずです。利用者と同じ時間と場所を共有し、楽しむ精神がなければ、自由に仕事をさせてもうまくはいきません。

私の場合、市内では名の知れた大きな事業所の介護士を辞めて、誰も知らないような小さな事業所で今は働いています。給与面では以前の方が良かったのですが、今は休みを自由にとることができるので充実した生活を送ることができています。

セミリタイアをしたいと思いながら過ごしているわけなので、働く時間を減らすことも考えています。ですが、介護の仕事を完全に辞めてしまおうとは思っていません。

今は自分のペースで仕事ができているので、ブログを書く余裕もあります。少しずつですが自分が望む暮らしに近づけている気がしています。

一旦介護から離れたことで、気付けたこともありました。

両親、犬、パートナー、友人、同じように皆これから年を取っていきます。彼らを介護をしないといけないようになるかもしれないし、もしかしたら私が先に介護をしてもらわないといけなくなるかもしれません。

介護技術は家庭環境の中でも必要とされることが多くなってきています。覚えておいて決して無駄になる技術ではありません。

介護は底辺の仕事とよく言われますが、仕事のなかにやりがいさせ見つけられればとても充実した時間を過ごすことができます。下の世話が嫌なら、おむつ交換のない施設で働けばいいし、体を抱えるような重労働が嫌なら、重労働のない事業所で働けばいいだけ。介護業界は人手が少ないおかげで、働く側の選択肢が増えています。

介護士を辞めたい。一旦介護から離れてみたいと思っている方へ。一度介護から離れて少しの間休憩するのは悪くない選択だと思います。けれど、せっかく積み上げた介護スキルを捨てて、まったく別の分野へ転職するのはもったいないと思います。

介護といっても働き方は様々です。自分が暮らす地域にある介護事業所を探すと、地方でも介護の求人はたくさん見つかります。初めて勤めた事業所が一発で自分にぴったり合わなくても、働く場所を変えればきっと自分にあった事業所を見つけられますよ。

私は今、2つの事業所を掛け持ちで介護士やってます。パートタイマーなのでボーナスはないけど、夜勤専従でまとめて働いて、まとめて休む、といったこともできるので、自分の好きな働き方ができるのも介護職のいいところです。

 

-副業介護士

Copyright© ワイライク介護 , 2019 All Rights Reserved.